フィンペシアとミノキシジルの併用が人気

フィンペシアとミノキシジルの併用が人気

通販で買えるフィンペシアですが、単体で服用するよりも「ミノキシジル」と併用する方法が人気です。
どちらも同じAGA治療薬ではあるものの、異なる作用を持っています。

フィンペシアには抜け毛・薄毛の原因となる男性ホルモンを抑制し、髪が抜けるのを予防する作用があります。
端的に言えばAGAの症状が進行するのを食い止める働きであり、育毛効果があるわけではありません。

乱れたヘアサイクルが整えば再び髪が生えてくることも期待できますが、フィンペシアの有効成分に育毛効果そのものは含まれていないのです。

そこで役立つのがミノキシジル!
ミノキシジルは市販の育毛剤にも含まれている有効成分で、血管を拡げて血流を改善する作用を持っています。
元々は高血圧の治療薬として開発されたのですが、発毛効果があることがわかり、AGA治療薬としての研究が進められました。

日本ではミノキシジル配合の塗り薬が主流になっています。
市販薬・処方薬それぞれ最大5%の有効成分が配合されており、男性の薄毛治療の主流でもある存在です。

ミノキシジルを頭皮に塗布すると、毛細血管が拡がり血流の改善に繋がります。
頭皮の血流が滞ると毛根に酸素・栄養が行き渡らず、髪の成長を阻害してしまいがちです。
しかし血行促進作用によって血流が改善されれば、髪に十分な栄養を届けることができます。

フィンペシアで抜け毛を食い止め、ミノキシジルで髪を育てる。
2つの薬を併用することで、より高い発毛効果が期待できます。

ミノキシジルには飲み薬もある

日本ではミノキシジル配合の外用薬しか売られていません。
ドラッグストアはもちろん、病院でも基本はローションタイプの薬を取り扱っています。

しかし海外ではミノキシジルタブレットという飲み薬が人気です。
内服薬なので体の中から作用し、より高い効果をもたらしてくれます。

フィンペシアとミノキシジルタブレットはそれぞれ通販で購入可能です。
どちらもジェネリックなので価格が安く、長期的になりがちなAGA治療に役立つでしょう。

薄毛治療は保険適用外。安く済ませたいなら通販一択!

薄毛治療は保険適用外。安く済ませたいなら通販一択!

怪我や病気の治療を受ける場合、基本的には医療保険が適用されます。
通常であれば3割負担、人によっては1割負担が主流です。

AGAも病気の一種であり、専門的な治療を行う病院があります。
しかし診察から治療薬そのものに至るまで、すべて保険適用外です。
つまりAGA治療にかかる費用は患者本人が全額負担することになっています。

第一選択薬として知られるプロペシアは、1ヶ月分の価格が8,000~10,000円ほどです。
毎月通院して薬を処方してもらうと、診察代も合わせて12,000円程度のお金がかかります。

この金額が高いか安いかは個人の経済状況によって異なるものの、AGA治療は短期間で終わりません。
植毛などの外科的治療であれば数ヶ月で終わることも考えられますが、投薬治療の場合は数年かかります。
毎月10,000円以上の出費は免れないのです。

しかしAGA治療にかかるお金を節約する方法として、通販があります。
一般的な通販ではなく、外国製の医薬品を個人輸入するための通販です。

医薬品の個人輸入は日本の法律(薬機法)で認められているため、通販の利用者はどんどん増えています。
処方薬であるプロペシアはもちろん、同じ効果を持つフィンペシアなどのAGA治療薬が購入可能です。

フィンペシアの価格は1ヶ月分で1,500円。プロペシアの4分の1ほどで購入できます。
世界中の男性に飲まれている薬であり、大手製薬会社によって開発・製造されているため、信頼性も安全性も高いAGA治療薬です。

通販サイトによってはまとめ買いによって送料が無料になるところもあるので、薬代のみの負担で済みます。
費用がかさみがちなAGA治療を続けるためにも、通販を利用して治療薬を買う方法も検討してみるといいでしょう。

AGA治療薬は塗り薬より飲み薬?

AGA治療薬は塗り薬より飲み薬?

AGA治療薬は、塗り薬(外用薬)と飲み薬(内服薬)の2種類に分けられます。
病院ではどちらも処方されていますが、どれが効くのかは個人差があるため、一概には言えません。

塗り薬の主な作用は血行促進です。
頭皮に直接薬剤を塗布すると、有効成分が皮膚に浸透し、毛細血管に作用して血流を改善します。
血行促進作用によって毛根に栄養が行き渡ることで、健康的な髪の育成が可能になるのです。

ただ、人によっては長期間使用しても効果が得られないことも。
AGAの症状が比較的軽いうちであれば改善が見込めますが、進行してしまっているAGAには効きにくいため、治療法を見直す必要があります。

飲み薬の主な作用は血行促進、またはGHTという男性ホルモンの抑制です。
体の中から作用するため、より高い効果が得られます。
錠剤を服用するだけなので、塗り薬よりも手間がかからない治療法でもあります。

ただし副作用が出やすいというデメリットも持っているため、服用には十分な注意が必要です。
血圧低下や勃起機能不全などの副作用が出るリスクがあるので、持病がある男性は服用できない可能性もあります。

そして飲み薬は毎日飲み続けることが大切です。
自己判断で服用をやめてしまった場合、AGAの症状が再び進行してしまう恐れがあります。

どちらもメリット・デメリットがあるため、よく考えた上で選択するようにしましょう。

内服薬ならフィンペシアがおすすめw

フィンペシアというAGA治療薬は飲み薬で、DHTを抑制して抜け毛を改善する効果を持っています。
処方薬であるプロペシアと同じ効果を持っていながら、低価格で購入できるという点で高い人気を誇る薬です。

フィンペシアだけでもAGAの改善が期待できますが、塗り薬と併用することでより高い効果が得られます。

フィンペシアが安く買える理由

フィンペシアが安く買える理由

AGA治療薬であるフィンペシアはインドで製造・販売されています。
日本ではプロペシアという薬が有名ですが、フィンペシアはプロペシアと同じ有効成分を持っており、効果も同等です。

通販でしか買えないフィンペシアですが、1錠あたり50円ほどなので処方薬よりも低価格です。
しかし偽物というわけではありません。
なぜフィンペシアが安いのかというと、「ジェネリック医薬品だから」です。

新薬の開発にはかなり膨大なコストがかけられており、販売されるまでには何回も臨床試験を繰り返し、人件費などもかかっています。

それに対しジェネリックは新薬の有効成分を基に作られます。
新薬の特許期間が終了すると、他の製薬メーカーも同成分の医薬品を開発・販売できます。
成分の開発にコストがかからないため、販売価格が安く抑えられるのです。

AGAの治療は数年かかるのが基本です。
ジェネリックなら新薬と同じ効果を持ちながら安く購入できますし、経済的な負担の軽減にも繋がるでしょう。

日本でも様々な製薬メーカーが有効成分フィナステリドを含む薬を開発しています。
多くの病院でジェネリックが処方されているものの、フィンペシアは取り扱われていません。
実はフィンペシアは認可されていない薬なので、日本国内で販売することができないのです。

フィンペシアを購入する場合は海外医薬品の通販を利用する方法が主流です。
現地の知り合いに送ってもらったり、自ら海外で購入したりする方法もありますが、通販なら日本に居ながら手軽にフィンペシアを買えます。

多くの男性に飲まれている実績があるからこそ、安心して服用できるでしょう。
通販によって多少価格に差がありますが、適正価格をしっかり把握した上で購入することが大切です。

フィナステリドの驚くべき効果に注目!

フィナステリドの驚くべき効果に注目!

アメリカで誕生した新薬・プロペシア、そしてインドで誕生したジェネリック・フィンペシアの主成分であるフィナステリド。
日本皮膚科学会のガイドラインでは、AGA治療におけるフィナステリドの有効性は推奨度A(服用を強く勧める)という評価を得ています。

フィナステリドには毛乳頭の5αリダクターゼという酵素を阻害する働きがあり、それによってAGAの進行を食い止めることができます。

テストステロンという男性ホルモンが5αリダクターゼによって変性されると、DHTというより強い作用を持つ男性ホルモンになります。
DHTは男性らしい骨格の形成に関わる重要な存在ですが、増えすぎると毛母細胞を刺激し、抜け毛を促進してしまうのです。

フィナステリドが5αリダクターゼを阻害することで、抜け毛の原因となるDHTの増加を抑えられます。
ヘアサイクルの乱れを正常にすることで、健康的な髪の育成が可能です。

フィナステリドが配合された治療薬はドラッグストア等で販売されていません。
購入を希望する場合、基本的には病院を受診することになります。

しかしフィンペシアであれば通販で購入可能で、その際に処方箋は必要ありません。
病院を受診して薬を処方してもらうよりも安く済むため、AGA治療のために通販を利用する男性はどんどん増えています。

効果を実感できるまでは最低半年かかる

フィナステリドの服用を開始してから効果が出るまでには、最低半年ほどかかります。
そして効果を発揮させるためには1日1回、毎日飲み続けなければいけません。

臨床試験の結果では、3年以上服用を続けた男性の98%に効果が認められています。
即効性はありませんが、諦めずに治療を続けることで髪の回復が期待できるのです。

AGAって何?男性の薄毛・抜け毛の原因とは

 

AGAって何?男性の薄毛・抜け毛の原因とは

AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略で、男性型脱毛症という病気を指す言葉です。
日本では成人男性の25%ほどがAGAの症状を抱えていると言われています。

症状の程度は人によって異なるものの、AGAになると抜け毛や薄毛が進行していきます。
髪が細くなるのも症状の1つです。

髪が薄くなると見た目的にも恥ずかしいと感じますし、コンプレックスになりがち。
適切な治療を行わなければ改善が難しいのですが、AGA治療には保険が適用されないため、諦めてしまう男性も少なくありません。

そもそもなぜAGAになってしまうのかというと、主な原因は「DHT(ジヒドロテストステロン)」という男性ホルモンが異常に増加することにあります。

DHTは筋肉や骨格の形成に必要な男性ホルモンです。テストステロンが5αリダクターゼという酵素と結びつくことで生まれます。
ただ、DHTは抜け毛を促す作用を持っているのです。

ヘアサイクルによって生え変わる髪の毛。
DHTが増加して抜け毛が促されると、太くコシのある毛に成長する前に抜けてしまい、髪が育ちません。
その結果抜け毛が増えたり、髪が細くなったりするというわけです。

AGAの治療薬であるフィンペシアは、5αリダクターゼを阻害し、DHTの増加を抑制します。
毎日欠かさず服用する必要があるものの、抜け毛を防いでヘアサイクルを整え、健康的な髪を取り戻すことが可能です。

フィンペシアは通販専用の薬なので病院で処方されませんが、1錠あたりの価格が安いため、保険が効かないプロペシアなどの処方薬を買うよりも安く済みます。
海外医薬品の通販は処方箋が要らないので、病院へ行かずにAGAの治療を行ないたいという男性に最適です。