薄毛治療は保険適用外。安く済ませたいなら通販一択!

薄毛治療は保険適用外。安く済ませたいなら通販一択!

怪我や病気の治療を受ける場合、基本的には医療保険が適用されます。
通常であれば3割負担、人によっては1割負担が主流です。

AGAも病気の一種であり、専門的な治療を行う病院があります。
しかし診察から治療薬そのものに至るまで、すべて保険適用外です。
つまりAGA治療にかかる費用は患者本人が全額負担することになっています。

第一選択薬として知られるプロペシアは、1ヶ月分の価格が8,000~10,000円ほどです。
毎月通院して薬を処方してもらうと、診察代も合わせて12,000円程度のお金がかかります。

この金額が高いか安いかは個人の経済状況によって異なるものの、AGA治療は短期間で終わりません。
植毛などの外科的治療であれば数ヶ月で終わることも考えられますが、投薬治療の場合は数年かかります。
毎月10,000円以上の出費は免れないのです。

しかしAGA治療にかかるお金を節約する方法として、通販があります。
一般的な通販ではなく、外国製の医薬品を個人輸入するための通販です。

医薬品の個人輸入は日本の法律(薬機法)で認められているため、通販の利用者はどんどん増えています。
処方薬であるプロペシアはもちろん、同じ効果を持つフィンペシアなどのAGA治療薬が購入可能です。

フィンペシアの価格は1ヶ月分で1,500円。プロペシアの4分の1ほどで購入できます。
世界中の男性に飲まれている薬であり、大手製薬会社によって開発・製造されているため、信頼性も安全性も高いAGA治療薬です。

通販サイトによってはまとめ買いによって送料が無料になるところもあるので、薬代のみの負担で済みます。
費用がかさみがちなAGA治療を続けるためにも、通販を利用して治療薬を買う方法も検討してみるといいでしょう。

フィンペシアが安く買える理由

フィンペシアが安く買える理由

AGA治療薬であるフィンペシアはインドで製造・販売されています。
日本ではプロペシアという薬が有名ですが、フィンペシアはプロペシアと同じ有効成分を持っており、効果も同等です。

通販でしか買えないフィンペシアですが、1錠あたり50円ほどなので処方薬よりも低価格です。
しかし偽物というわけではありません。
なぜフィンペシアが安いのかというと、「ジェネリック医薬品だから」です。

新薬の開発にはかなり膨大なコストがかけられており、販売されるまでには何回も臨床試験を繰り返し、人件費などもかかっています。

それに対しジェネリックは新薬の有効成分を基に作られます。
新薬の特許期間が終了すると、他の製薬メーカーも同成分の医薬品を開発・販売できます。
成分の開発にコストがかからないため、販売価格が安く抑えられるのです。

AGAの治療は数年かかるのが基本です。
ジェネリックなら新薬と同じ効果を持ちながら安く購入できますし、経済的な負担の軽減にも繋がるでしょう。

日本でも様々な製薬メーカーが有効成分フィナステリドを含む薬を開発しています。
多くの病院でジェネリックが処方されているものの、フィンペシアは取り扱われていません。
実はフィンペシアは認可されていない薬なので、日本国内で販売することができないのです。

フィンペシアを購入する場合は海外医薬品の通販を利用する方法が主流です。
現地の知り合いに送ってもらったり、自ら海外で購入したりする方法もありますが、通販なら日本に居ながら手軽にフィンペシアを買えます。

多くの男性に飲まれている実績があるからこそ、安心して服用できるでしょう。
通販によって多少価格に差がありますが、適正価格をしっかり把握した上で購入することが大切です。