AGAって何?男性の薄毛・抜け毛の原因とは

 

AGAって何?男性の薄毛・抜け毛の原因とは

AGAとはAndrogenetic Alopeciaの略で、男性型脱毛症という病気を指す言葉です。
日本では成人男性の25%ほどがAGAの症状を抱えていると言われています。

症状の程度は人によって異なるものの、AGAになると抜け毛や薄毛が進行していきます。
髪が細くなるのも症状の1つです。

髪が薄くなると見た目的にも恥ずかしいと感じますし、コンプレックスになりがち。
適切な治療を行わなければ改善が難しいのですが、AGA治療には保険が適用されないため、諦めてしまう男性も少なくありません。

そもそもなぜAGAになってしまうのかというと、主な原因は「DHT(ジヒドロテストステロン)」という男性ホルモンが異常に増加することにあります。

DHTは筋肉や骨格の形成に必要な男性ホルモンです。テストステロンが5αリダクターゼという酵素と結びつくことで生まれます。
ただ、DHTは抜け毛を促す作用を持っているのです。

ヘアサイクルによって生え変わる髪の毛。
DHTが増加して抜け毛が促されると、太くコシのある毛に成長する前に抜けてしまい、髪が育ちません。
その結果抜け毛が増えたり、髪が細くなったりするというわけです。

AGAの治療薬であるフィンペシアは、5αリダクターゼを阻害し、DHTの増加を抑制します。
毎日欠かさず服用する必要があるものの、抜け毛を防いでヘアサイクルを整え、健康的な髪を取り戻すことが可能です。

フィンペシアは通販専用の薬なので病院で処方されませんが、1錠あたりの価格が安いため、保険が効かないプロペシアなどの処方薬を買うよりも安く済みます。
海外医薬品の通販は処方箋が要らないので、病院へ行かずにAGAの治療を行ないたいという男性に最適です。