AGA治療薬は塗り薬より飲み薬?

AGA治療薬は塗り薬より飲み薬?

AGA治療薬は、塗り薬(外用薬)と飲み薬(内服薬)の2種類に分けられます。
病院ではどちらも処方されていますが、どれが効くのかは個人差があるため、一概には言えません。

塗り薬の主な作用は血行促進です。
頭皮に直接薬剤を塗布すると、有効成分が皮膚に浸透し、毛細血管に作用して血流を改善します。
血行促進作用によって毛根に栄養が行き渡ることで、健康的な髪の育成が可能になるのです。

ただ、人によっては長期間使用しても効果が得られないことも。
AGAの症状が比較的軽いうちであれば改善が見込めますが、進行してしまっているAGAには効きにくいため、治療法を見直す必要があります。

飲み薬の主な作用は血行促進、またはGHTという男性ホルモンの抑制です。
体の中から作用するため、より高い効果が得られます。
錠剤を服用するだけなので、塗り薬よりも手間がかからない治療法でもあります。

ただし副作用が出やすいというデメリットも持っているため、服用には十分な注意が必要です。
血圧低下や勃起機能不全などの副作用が出るリスクがあるので、持病がある男性は服用できない可能性もあります。

そして飲み薬は毎日飲み続けることが大切です。
自己判断で服用をやめてしまった場合、AGAの症状が再び進行してしまう恐れがあります。

どちらもメリット・デメリットがあるため、よく考えた上で選択するようにしましょう。

内服薬ならフィンペシアがおすすめw

フィンペシアというAGA治療薬は飲み薬で、DHTを抑制して抜け毛を改善する効果を持っています。
処方薬であるプロペシアと同じ効果を持っていながら、低価格で購入できるという点で高い人気を誇る薬です。

フィンペシアだけでもAGAの改善が期待できますが、塗り薬と併用することでより高い効果が得られます。